最近、よくインターネットでクラウドとかグループウェアって単語を見るけど、何?を解消すべく調べてみました。

グループウェアのクラウド化とは
MENU
グループウェアのクラウド化とは

グループウェアをクラウド化するって、どういうこと?

近頃、クラウド化とかデータをグループウェアしようとか、よく見かけませんか?とくにビジネスマンに多いかもしれませんね。そこで、インターネット系が苦手な方のために、クラウドとグループウェアについて調べてみましたので、参考にしていただければと思います。

まず、クラウドについてです。クラウドとは、パソコンなどに保存されているデータをインターネット上に保存する技術やサービスなどをいいます。パソコンの中にあるデータをインターネット上で保存すると、携帯電話やネットカフェなど、自宅や会社以外からもそのデータを見ることができるようになります。つまり、インターネットができる環境があれば、いつでもデータを見ることができるってことですね。

次にグループウェアについてはこちらになります。グループウェアとは、データをとあるネットワーク内で共有したいときに使われるソフトウェアのことです。あるデータをネットワーク内にあげておけば、インターネットを通じて誰でも見ることができます。また、テレビ会議やスケジュールの管理などもでき、作業効率化を図れます。ただし、グループウェアは企業内だけなど、制限のあるものとなります。なので大量にあるデータを友人に見せたい場合にはグループウェアは使えません。そこで登場したのが、クラウドとグループウェアを合わせたサービスです。これがあれば、インターネット上で保存したデータを、インターネット経由で誰でも見れるようになる。外部ネットワークが組める、ということです。すごく便利じゃないですか。これがあれば、データをメールでのやり取りしなくて済みます。インターネットでデータをアップロードして、見てもらいたい人にアクセスしてもらえればいいんですから。このように、ひとつひとつ調べていくと、いかにも難しそうなものでも、仕組みがよくわかるようになると思います。とくにインターネット系は、クラウドやグループウェアのように便利のものが多いですので、おっくうがらずに見てみてくださいね。

Recommend

Copyright (C)2014グループウェアのクラウド化とは.All rights reserved.